2017年10月11日

稲刈3 姫ごのみ 

 今週の土日に刈る予定だった「姫ごのみ」だが、明日木曜から来週月曜までぐらい雨模様の予報となっている。
 急遽、午後から刈ることにした。本日も一人。
 午後1時ごろから南田に行く。
 まず、倒伏していたイセヒカリを取れるだけ取った。
 「姫ごのみ」も一部倒伏があったが出来は普通程度。少しヒエが多かった。

 3時頃から曇りだした。雨の心配をしたが何とか最後まで持って良かった。
 袋を40ぐらい「はあはあ」言いながらトラックに積んだ。
 腕と腰が少々痛い。雨前に刈れて大正解だな。

 北側の2畝ぐらいは草が多かったので刈らずに残した。
 帰宅したのは6時半ぐらいですっかり暗くなっていた。
 乾燥機から農林22号を出して、姫ごのみと入れ替えたら9時になっていた。疲れた。土日は雨だろうからゆっくりできる。

 ここ数日30度ぐらいで暑かったが、明日から平年並みになりそうだ。  

Posted by リュウ at 23:18Comments(0)イセヒカリ

2017年09月26日

南田 姫ごのみ

 姫ごのみもだんだん倒伏してきている。
 土が緩かった。
 水が多すぎだったので止めた。

 まだ、青い。
 夜温が下がってきたのは好ましい。

 イセヒカリは、すっかり倒伏してしまった。刈れる分だけ刈って食べてみる予定だが来年の作付はしない。早生すぎる。
  

Posted by リュウ at 06:59Comments(0)イセヒカリ

2017年09月18日

台風一過

 台風18号、東シナ海を東北東へ。昨日17日昼頃に鹿児島南端に上陸し北東に970hPa、30km、高知、兵庫、京都、富山から日本海を海岸線沿いに北上し、北海道に再上陸。本日19時、北海道宗谷海峡でもまだ台風、975hPa。鹿児島から北海道まで台風のまま通り抜けた雨台風。
 昨日も一昨日も自宅待機。東シナ海から北東ではなく、上陸するまで東北東だったので直撃はまぬがれた。
 夕方、南田に台風の影響を見に行く。
 直撃でなかったので助かった。
 農林22号少し倒伏した部分もあるが問題ない。

 熟れて垂れてきている。刈り取りも近い。10月連休に刈る予定。

三角田の農林22号。倒伏は殆どない。

イセヒカリはかなり倒伏してしまった。

姫ごのみも少し倒伏した。

 台風一過で涼しくなるだろうと思っていたが、夏の戻りで30度、暑い。
 昨年のブログを見ると、9月20日、台風16号が鹿児島薩摩半島から高知をかすめて和歌山に上陸、静岡から東京、千葉へと抜けて行っている。また、10月4日には、台風18号が対馬海峡を東北東に進んでいる。  

Posted by リュウ at 19:40Comments(0)お米の記憶農林22号イセヒカリ

2017年09月02日

南田 イセヒカリ

南田に畔草刈と水を見に行く。
イセヒカリはもう穂が垂れてきた。
足元が緩いので、少しなびいている。
これからでも少し足元を固める。
秋の気配。空の様子が変わって、朝は涼しくなってきた。
ここ、2,3日小笠原附近の台風の影響か北風が強い。
  

Posted by リュウ at 23:36Comments(0)イセヒカリ

2017年08月21日

南田 イセヒカリ

昨日、南田に畔草刈りに行く。
姫ごのみ横のイセヒカリ。
すっかり穂が出てしまった。
分桔は少ない。
  

Posted by リュウ at 18:32Comments(0)イセヒカリ

2017年08月11日

南田 イセヒカリ 出穂

南田に水を見に行く。
なんと、イセヒカリが出穂している。
早い。
早すぎる。

1,2日前に出始めたようだ。

東側に4列だけ植えている。
色が濃い方。背もとなりの「姫ごのみ」より10cmほど高い。
今年、種もみをもらい来年用にと植えてみたもの。

超早生になるが、本来は農林22号と同じくらいの出穂のはずが・・。
これでは、来年は作付できない。
一応、来年用に2kgほど残して、後は食べてみる。
しかし、早すぎる。


  

Posted by リュウ at 20:43Comments(0)イセヒカリ

2017年07月30日

南田 イセヒカリと姫ごのみ

イセヒカリ。
2,3本の田植えだったので分桔が少ない。
種もみ用なんでちょうどいいだろう。

手前4本がイセヒカリ。奥の2反は姫ごのみ。
姫ごのみは田植えの本数が多かった。
繁り過ぎの感じだ。ただ、背が伸びていないのはいい。
今週末に軽く干す予定。それまでは、水をバンバンと出してかけ流しにする。
北東部分のヒエはまだ取れていない。少しでも取らないといけないのだが、この暑さでは昼間は熱中症になりそうである。

中干しを軽くして土が少し固まってからでもヒエ刈りはしなければ。  

Posted by リュウ at 17:50Comments(0)イセヒカリ

2017年07月09日

田植え後2週間

 先週火曜日頃から、ずっと雨。翌日、水曜には激雨のため、朝倉の里山、東峰村、日田の里山はトンデモない大災害となっている。
 日曜、午後から田を見に行く。
 南田の農林22号。2週間たつので水口は止めているが、あまり水が溜まっていなかった。天気は悪いが稲は成長している。出来るだけ水を溜めることとする。一部、高い所に草が伸び始めている。

 三角田の農林22号。ここも水が溜まっていない。ここ、4,5日は時々、大雨の日々なのだが、その割に水が少ない。ここまで、成長するとジャンボもほぼOK。出来るだけ水を溜めたい。

南田のイセヒカリ。先週に補植したところ。いい感じに根付いている。
やはり、1週間以内には補植しないといけない。

最後に北田に行く。端を少し黒米用に空けていた。隣の朝日はいい感じで伸びている。

黒米を1本ずつ広めに刺していく。
  

2017年07月03日

田植え後1週間

 土日とも天気が良かった。
 今年の梅雨はまだ、雨があまり降っていない。
 梅雨明けも早いかもしれない。
 土曜は南田に「ヒエ取り」。春耕2回で少しヒエが生えていたが、「しろかき」でなんとか埋めれると思っていたんだが、3枚の田の内、2枚の両端の方にヒエが顔を出していた。春耕3回必要のようだ。昨年もそうだった。
 日曜に「イセヒカリ」を補植した。少しだけ残った苗を置いていたので、1,2本ずつ空いているところに補植した。補植は10日以内にやらねばと思っている。2週間過ぎるとさすがに生育が遅れるので、無理して補植する意味がない。
 既に水の深いところはジャンボの食害にあっている。高い所には草の芽が出てきている。この時期の水加減は難しい。

 日曜の夕方、北田に黒米を植えに行った。
 育苗に失敗したので、来年の種もみ用に少しだけ植えておく予定だったが、なんでか?、水がなかった。仕方がないので、苗は持ち帰った。次の土日までには植える予定。

 台風3号が北上している。直撃コースである。明日の昼ごろに最接近の予報である。小型であるが台風は台風。どの程度の雨が降るのか。
 夕方、すべての田の水口を開けて水を落としに行った。
 短時間で豪雨になるとジャンボにやられる。
 台風が過ぎた明日の夕方にまた水口の調整に行く。
 家に戻って急遽、台風対策で田植え後の後片付け。苗箱を倉庫へ運ぶ。苗を運ぶアルミ枠をばらして倉庫へ。外に置いていた田植え機を取りあえず倉庫へ移動させる。
  

Posted by リュウ at 21:04Comments(0)お米の記憶イセヒカリ